軽自動車と普通車の保険料の違い

軽自動車と普通自動車では保険料が違います。当然の事ながら、保険料は車種によっても変わってくるのです。

 

基本的に排気量が大きな車種であればある程、保険料は高くなりますので、660cc以下と排気量の小さな軽自動車は保険料も安くなります。

 

どれくらい違うかと言うと、車種はもちろん人による部分もあると思います。自動車保険は等級や年齢、車の用途によって変わってきます。

 

その為、軽自動車であるからと言って、正確な自動車保険料を出す事は少々難しいと言えます。

 

しかし、全く同じ条件であれば、だいたい年間3万円程違うといわれています。月々の支払いに換算すると2000円程度になります。

 

けれども年間で3万円も自動車保険料が違うのであれば、随分とお得な感じがしませんか?

 

自動車保険は一度加入すると数年加入する事が多いと思いますので、毎年数万円も負担が減るという事は、節約効果はとても大きいと言えます。

 

もちろん、任意保険は加入する保険、会社によって違う部分は沢山出てくるでしょう。言い方を変えれば、更に保険料をさらに安くすることも可能なのです。

 

軽自動車は他の車と比べてずっと自動車保険料金が安い車です。軽自動車を選択する人は、小回りが利くから、運転しやすいからと言う人も多いですが、維持費が安いからという部分が大きく占めると思います。

 

軽自動車は小さい分、いざ事故に有った時に破損が大きい車だと言われています。せっかく安い金額で加入をする事が出来るのだから、負担が少なくて安心できる自動車保険を見つけたいですね。