軽自動車の保険料の決まり方

軽自動車の保険料は様々な部分から決められます。

 

まずは、用途による区分です。日常やレジャーで使う車、通勤通学で使う車等、業務用の車なのかで保険料は変わってくるでしょう。

 

少しスーパーに行くときに使う程度、休日のお出かけ用等であれば、事故に合う確率も低いでしょう。

 

しかし、通勤通学で車を使う場合は、乗る頻度も多いですし、事故に合う確立も高くなりますよね。その為、乗る頻度が高ければ保険料は上がります。

 

また、車種によっても変わるのです。その為、普通車と軽自動車では保険料が変わってくるのです。

 

普通車と軽自動車以外にも、軽貨物自動車や小型貨物自動車、キャンピングカー等によって保険料は変わってくるでしょう。

 

普通自動車の場合も、排気量が1,500cc以下のものや2,500以上のディーゼルエンジン車では保険料が変わります。軽自動車は、普通自動車よりもずっと安い保険料なのです。

 

また、それ以外にも等級によって保険料が変わってきます。等級が高ければ高い程、保険料は安くなります。等級が高い程優良ドライバーであり、事故に合う確立が少ないからです。

 

これらの様々な項目から保険料は決まります。その為、軽自動車だからといって保険料が一律という訳ではありません。

 

普段どれだけ使う車なのか、自分の等級はいくつなのかにより保険料は変わってきます。

 

他にも年齢や割引サービス等によって保険料は変わるので、自分の軽自動車の保険料が知りたい場合は、一度見積もりに出してみると良いでしょう。