自動車保険の割引条件

自動車保険には一定の割引条件があります。
車の車種、等級によって基本的には値段が設定されますが、それ以外にも変わる部分はあるのです。

 

例えば年齢条件です。
自動車保険によっては、年齢無制限、全年齢担保の自動車保険も有りますよね。
その場合は通常の自動車保険料金よりも高く成る事が多いのです。

 

しかし、多くの自動車保険では年齢割引を行っており、年齢が上がる程自動車保険は安くなります。
年齢が若い人は、まだ車に乗った年月も少ない、無茶な運転をする可能性があると言う事でどうしても自動車保険料金が高くなってしまうのでしょう。

 

年齢の分別は、基本的に4段階に分けられます。
21歳未満の場合、26歳未満の場合、30歳未満の場合、そして35歳未満の場合です。

 

20代が細かく分類されており、35歳以上は特に割引は有りません。
年齢によって自動車保険料金も大きく異なってくるので、自分の年齢と自動車保険の料金をみくらべて見てはどうでしょうか。

 

また、年齢だけではなく家族割引を行っている企業も有ります。

 

自分以外の家族が車を使う場合も有りますよね。
基本的に、自動車保険は加入した本人のみに適用されます。
しかし、家族割引であれば、適用した家族が運転をしていても保険適用になるのです。

 

家族割引の区分は、本人のみ、本人と配偶者、本人または配偶者の同居の親族、別居の未婚の子供となります。

 

一人暮らしをしているけれども帰省した時には車に乗る未婚の子供も保険に適当されると言う事なのです。